韓国ドラマ 『Mimi(ミミ)』:東方神起 チャンミン主演 第一話 「私の記憶を消してください」

広告

韓国ドラマ 『Mimi(ミミ)』:東方神起 チャンミン主演 第一話 「私の記憶を消してください」

DSC_0523 タイトル画面

東方神起のチャンミンが主役で、美しくも切ないラブストーリーが

ミステリアスに描かれるドラマ『Mimi(ミミ)』

あのチャンミンが、どんな役で、どんな姿を見せてくれるのか、

気になりますね。

一体どんなお話なのか、ちょっと簡単にご紹介しましょう。

予告編を見られた方は、なんとなくわかったかもしれませんが、

ちょっと不思議な展開をするドラマです。

ドラマはチャンミン演じる、売れっ子のウェブ漫画家ミヌが

編集者からは「早く書き上げろ」とせかされ、母親からは

「ちゃんと眠れてるの?」と電話で言われるシーンから始まります。

ミヌはろくに眠れず、食事もできないまま、ときに吐きそうにもなるし、

ひどく疲れた顔でつらそうです。

実は、ミヌは10年前の、2003年のカレンダーを見て、何かがひらめいて、

新しいマンガを書き始めていました。

読者の評判もよく、まるで知っている話のように、物語はスムーズに

進みました。最初はすべてが順調だったのです。

ところが、話が進むほどになぜか眠れなくなって、頭痛がしたり、

気持ちが悪くなったりで、描き続けることができません。

読者の評判は良く、どんどん描かなければいけないのに、

自分でも原因がわからないまま、症状はひどくなっていきます。

病院で医師に状況を説明すると、カレンダーについて

「何か記憶がありますか?」と聞かれます。でも何も思い出せない。

カレンダーには『美術室での出会い』や『初キス』など、思い出らしきことが

いくつか書き込まれているのに、まったく思い当たらない。一体何があったのか…。

どうしてその頃の思い出がないのだろう?

ミヌは自分の卒業した高校へ行ってみるのですが、

やっぱりなにかが引っかかったように、うまく思い出すことができません。

何か変だと違和感を感じるミヌ…。

 

このあたりで 『現代で悩んでいるミヌ』 から、高校時代の様子に切り替わって、

高校生時代のミヌとある少女との出会いが描かれていきます。

DSC_0524 チャンミン 笑顔

 

DSC_0525

DSC_0526 語らい

ミヌはとても口数が少なく、表情豊かな少女ミミと対照的に何かを抱えたような

孤独な姿が印象的です。二人の間に何があって、どうなったのか。

ミヌの記憶が抜け落ちていることとの関係が、気になります。

 

このドラマでは現代と過去の高校時代のシーンを行き来します。

すっかり大人になり、売れっ子マンガ家になったのに、

なぜか引きこもっているようなミヌと、高校時代の初々しい姿。

両方のチャンミンの姿が見られてそれも見どころだと言えるでしょう。

 

現代のシーンに戻ると、高校生姿のミミが現れては、ミヌの様子を

うかがっています。彼女の行動、言葉の意味は何なのか…。

謎が謎を呼ぶような、とても気になるドラマの展開です。

 

そこにミヌが失ってしまった記憶について、何かを知っているらしい人物が

現れて…物語が大きく動き出しそうな気配がします。

DSC_0527

高校時代の口数少なく、心を閉ざしているようなミヌが、ミミと出会って

少しずつ変わって行く様子が、表情や行動からわかります。

とても初々しい二人のやりとりや表情、しぐさを見ると、初恋を思い出して

キュンキュンする人も多いのではないでしょうか。

これからどんな展開が待っているのか、楽しみですね。

広告

関連記事(一部広告含む)